e-名刺工房

印刷と製本

ページ物印刷物には製本という加工が必要です。
ここでは製本のなかでも簡単な仮製本の種類と工程について説明しています。
デザイン一覧

e-名刺工房トップページ > 印刷を知る(1) > 印刷と製本(1) > 印刷と製本(4)
 
  
■印刷を知る1 2 3 4 ■紙の種類1 2 3 4 ■紙の適性1 2  ■紙の規格1 2 ■インキを知る1 2 ■印刷の故障1 2 ■版式1 2 ■印刷方式を選ぶ ■完全原稿1 2 ■校正1 2 ■印刷物の加工 ■印刷と製本1 2 3 4 ■印刷物の紙器と加工1 2
 

印刷と製本(4)

仮製本の種類と工程

 仮製本は、表紙に、一枚の用紙を用いたチリが出ていない簡単な製本で、大きくわけると「くるみ」と「切りつけ」の二種類になります。
くるみ表紙は中身を針金とじか無線とじにして、表紙を厚紙の用紙でくるんで背の部分でのりづけしたものです。ほとんどの雑誌の表紙がこれに属し、表紙の作り方で四種類にわけられます。表紙が一枚の用紙のものを「おかしわ」といいます。おもて表紙がアート紙でうら表紙に別の紙を用いてノドで継ぎあわせたものを「おかしわ継ぎ表紙」といい、写真雑誌の表紙などがこの方式です。おかしわと同じ作り方で、表紙と中身の結合を本製本のように見返しをつけて、小口の部分だけノリづけしてあるものを「くるみ口ノリ」と呼んでいます。いずれも表紙をつけてから中身を同時に仕上げ断ちします。中身の小口だけを仕上げ断ちして、表紙の横幅を小口の部分を折返せるように中身より広くして、おかしわのようにこしらえて、天地を断裁して仕上げ、表紙が小口で折込んであるものを「がんだれ」と称します。これには見返しをつけたものもあります。
 切りつけとは表紙まで一度に針金とじして仕上げ断ちする仮製本をいい、中とじ、足貼り、筋つけの3種類があります。中とじは、週刊誌のように中央の見開きでとじたものです。足貼りは、厚手の表紙を中身より背の部分だけいくらか幅を狭くして、その部分に寒冷紗をつぎ足し、この寒冷紗のところを針金で平とじにして、背にクロスなどを巻きつけて仕上げ裁ちしたものです。筋つけは、布でつぎ足しをせずに表紙をまきつけて平とじをし、厚紙の表紙が開きやすいように筋をつけて背をクロスで巻いたもので、教科書などによくある製本です。
 南京は、本製本と仮製本の相の子で、中身は平とじにして仕上立ちをしておき、表紙は本製本のように、チリを出して、ひとまわり大きくこしらえ、あらかじめ遊び紙のない片ペラの見返しののどの部分に寒冷紗をつぎ足して中身といっしょにとじ込んでおき、この見返しを表紙と貼り合わせて仕上げたものです。教科書や、雑誌の合本などに用いられています。
 フランス表紙は中身を本製本のように糸とじして仮固めまでしたものを、まったく断裁しないか小口と地の二方だけを断つかして、四方が3〜4センチメートル中身より大きい表装用紙を折込んで、背の部分で中身と糊づけしたものです。本来フランス表紙は、愛書家が、書物を自分の好みの装丁にするため、中身を仕上げ断ちしないで、仮表紙をつけて販売するところからきたものです。

ノートや伝票の製本

 伝票や便箋など一枚ずつはがれるように、天、またはノドを接着剤で固めて、おかしわつぎ表紙のような表紙をつけたものを天のり、または横のりといいます。
 一般の製本法のほかにノート、アルバム、カレンダーなどには、針金のらせんとじや、セルロイドのリングでとじたセルつめリングとじ、またはタンバリンとじと呼ばれるとじ方があり、これらを総称してリングとじといいます。アルバムの表紙などで、詰物をしてふくらみを出したものを綿入れ表紙といいます。
 和式の製本は邦楽の稽古本など特殊な書物にのみ用いられ、経典などには折本と呼ばれる製本法があります。また、和本で、何冊かを一つにまとめたいれものを帙{ちつ)と呼んでいます。

TOPへ

e-名刺工房/Make Design House

複数人の名刺作成 | 今使っている名刺の作成 | データ入稿について | キャンセル返品について | ロゴ・写 真の配置 | 地図の作成