e-名刺工房

印刷と製本

ページ物印刷物には製本という加工が必要です。
ここでは製本の種類やとじ方、製本とはなにかについて説明します。
デザイン一覧

e-名刺工房トップページ > 印刷を知る(1) > 印刷と製本(1)
 
  
■印刷を知る1 2 3 4 ■紙の種類1 2 3 4 ■紙の適性1 2  ■紙の規格1 2 ■インキを知る1 2 ■印刷の故障1 2 ■版式1 2 ■印刷方式を選ぶ ■完全原稿1 2 ■校正1 2 ■印刷物の加工 ■印刷と製本1 2 3 4 ■印刷物の紙器と加工1 2
 

印刷と製本(1)

製本にはどんな種類があるか

 製本はページ物の印刷物には欠かせない加工であり、書籍の出版では、かならず印刷にともなって製本・製缶 までを考慮して見積り、発注をしなくてはなりません。
 製本の方法はいろいろ種類があり複雑ですが、表紙の仕立て方からみると、つぎのようにわけることができます。

製本のとじ方によるレイアウトと組付
とじ方の種別
用  途
レイアウトの注意
組付の注意
糸とじ
 並とじ  一般上製本  ノドまで完全に1
 ページの判面にな
 る
 折り数、掛け方に
 よって組付に違い
 があるので注意
 テープとじ  厚い
 辞書など
 ミシンとじ  薄いパンフ
 レットなど
針金とじ
 中とじ  週刊誌  1ページの対向に
 必ず最終ページが
 来ること
 平とじ  一般雑誌  ノドあきの内、
 約1cmはとじしろ
 となる
 糸とじに同じ
無 線 と じ
 雑誌、
 電話番号簿

 ノドあきの内、
 約3mmはとじしろ
 となる


 今日のほとんどの印刷物は洋本であり、製本の形態は上製本、並製本で仕上げるのが普通です。本製本(上製本)というのは、中身と表紙とを別個に作り、表紙が中身を保護する丈夫なもので、中身よりひとまわり大きいのが特色です。これにたいして仮製本(並製本)はチリがなく、一般に表紙と中身とを同時に断裁して仕上げる雑誌のようなものをいいます。
 そのほかには、ノート、カレンダーに用いられる針金のらせんでとじた特殊な製本などがあります。中身のとじ方から見ると次の3つの製本法があります。
 本製本はほとんど糸とじであり、仮製本は針金とじか、無線とじがほとんどです。
 糸とじには手とじと機械とじがありますが、今日ではほとんどが機械とじです。とじ方には並とじのほかに、辞書類などの厚い本はテープを糸の間にくぐらせてとじる「テープとじ」にします。薄い本をミシンでとじるのをミシンとじといいます。
 針金とじには、週刊誌のようにまん中で見開いてとじる「中とじ」と、重ねて上からとじる「平とじ」とがありますが、厚いものはとじられません。無線とじは近年針金とじにかわって発達したとじ方で、背の部分を重ねて傷をつけ、強力な接着剤をしみこませてとじる方法で、最近雑誌も平とじから無線とじに変わってゆく傾向にあります。悪い無線とじは中身がぬけるおそれがあるが、厚い電話帳などもとじることができ、広く普及してきています。
 なお、本のとじ方によって、レイアウトと、版の組付け方が変わってくるので注意をようします。  つづく→
  

TOPへ

e-名刺工房/Make Design House

複数人の名刺作成 | 今使っている名刺の作成 | データ入稿について | キャンセル返品について | ロゴ・写 真の配置 | 地図の作成