e-名刺工房

印刷物の加工について。

印刷物には印刷が終わった後に様々な加工が加わります。
ここでは印刷後の最小限必要となる断裁を始め、いろいろな加工を解説します。
デザイン一覧

e-名刺工房トップページ > 印刷を知る(1) > 印刷物の加工
 
  
■印刷を知る1 2 3 4 ■紙の種類1 2 3 4 ■紙の適性1 2  ■紙の規格1 2 ■インキを知る1 2 ■印刷の故障1 2 ■版式1 2 ■印刷方式を選ぶ ■完全原稿1 2 ■校正1 2 ■印刷物の加工 ■印刷と製本1 2 3 4 ■印刷物の紙器と加工1 2
 

印刷物の加工

印刷物はすべて断裁する

 印刷物は名刺やはがきなど一部を除き、ほとんどの場合印刷寸法より大きな用紙に刷られて、印刷後に化粧裁ちして仕上げます。また、印刷機械が巻取紙か全判の原紙で印刷される大型のもの以外は、用紙を半裁または4裁(4分の1)に断裁しておかなくては印刷できません。したがって、名刺作成での名刺、カード、はがき印刷、既製の封筒に印刷するわずかな例を除いては、印刷には、最小限、断裁という加工が加わっています。
 印刷業者は、大企業の場合には断裁・製本の部門を併置しており、自社内でこれらの作業ができますが、小企業ではこれまですべて製本業者に依存して、全紙以下の寸法で印刷する場合は、用紙を購入したら、製本業者に持ち込んで断裁してもらってから引き取り、印刷が終われば、ふたたび製本業者に持ち込んで化粧裁ちしてユーザーに納品するという、かなり面倒な流れで印刷物をつくっていました。しかし近年は小規模な印刷所でも、断裁機や簡易な製本加工機械を設置するところが多くなり、納期の短縮が可能となっています。
 フォルダーやプログラムなどは、二つ折り、三つ折り、法帳折りというように印刷物を折って仕上げる場合が多く、これらの折り工程は一般に紙折機を用います。1時間に3,000枚以上のスピードで折ることが可能ですが、特殊な折り方や複雑な折り方は機械折りができないので手折りをするため工賃が相当高くつくことを考慮して、印刷物のデザインを考える必要があります。

打ちぬきと型押しについて

1.打抜き
 印刷物の一部にバインダーでとじるための丸い穴をあけたり、窓をあけたりする加工があります。これを打抜きといいます。
 商品の形や、絵本の中にさしこまれた動物の形などの切抜いた部分も打抜きの一種であって、打抜きパンチで切抜くのですが、印刷は打抜き寸法よりいくぶん版面を大きく製版しておく必要があります。打抜きを印刷と同時に行うのがシール印刷機です。

2.空押し(からおし)
 一名空浮出しとも呼び、雌型、雄型を作り印刷後に型押しをして成型します。印刷物の表面にデザインや文字などを全面的に型押しする場合もあります。名刺マークやロゴなどを空押しすることもあります。

3.目打ち・ミシン刷
 領収書や、入場券などの切取線として一列の穴をあける方法を目打ちと呼んでいます。凸版印刷の場合には、ミシン刷と呼ばれる突起の連続したけい線を版に組み込んで印刷と同時に目打ちができます。オフセットやグラビア印刷の場合は印刷後に目打ち機を用いて、穴をあけています。

4.エンボス、しぼつけ
 印刷後の表面を布地のようにしたり、梨地にしたりする加工をエンボス加工といいます。印刷物に湿気を与えて型を彫刻した金属のローラーを通し、加圧して加工されます。オフセット印刷では、あらかじめエンボス加工をしたエンボス・アート紙に印刷が可能で、印刷後に加工するより仕上がりがきれいです。
 酒びんや、紙ナプキンのようなしわをつけることを、しぼつけと呼んでおり、これも金属ローラーで、印刷後に型押しをして作ります。

印刷を美しく見せる表面加工

 印刷物の表面に光沢をつける目的でニスやビニールをひくことを表面加工または「つやつけ」といいます。
 つやつけには、簡単な方法としてニス引きがあります。ワニスを手引きまたは機械引きしますが光沢はもっとも劣りますが費用が安くすみます。平版を作ってワニスを印刷することをニス刷といいます。この方法だと部分的に光沢を出すことができます。
 酢酸ビニールなどの溶液を手引きもしくは機械引きして光沢をつける方法をビニール引きといいます。この方法はニス引きよりつやがでます。
 もっとも高級な方法は、印刷物の表面に接着剤を塗布して、ビニール・フィルムまたはセルロイド・フィルムを貼り合わせるビニール貼り(フィルム貼り)です。費用は高くつきますが完全防水の表面ができます。光沢だけならば特殊コート紙でも出せますが、印刷表面を保護し、水に濡れてもかわらない美しさを保つのはフィルム貼りの特色です。
 このほかには、防水作用のある表面加工に「ろう引き」があります。
  

TOPへ

e-名刺工房/Make Design House

複数人の名刺作成 | 今使っている名刺の作成 | データ入稿について | キャンセル返品について | ロゴ・写 真の配置 | 地図の作成